平成29年度第1回計算科学フォーラム

日時
2017年10月5日(木) 15:00~17:30(受付開始14:30)
会場
  • <東京会場> 東京大学本郷キャンパス 理学部4号館3階1320室会場地図
  • <神戸会場> 理化学研究所計算科学研究機構(AICS) C107セミナー室会場地図
  • その他、TV会議システムでの参加も受け付けます。ご希望の方はお知らせください。
参加費
無料(事前登録が必要です)
企画
計算科学フォーラムWG
主催
HPCIコンソーシアム 計算科学フォーラム

プログラム

15:00~16:00 講演

岩田潤一 (東大工・ナノサイエンス・デバイス分野)

「ナノスケールでの量子力学的第一原理シミュレーション」

量子力学の第一原理から出発して全てを計算しようとするアプローチ「第一原理計算」の中でも「密度汎関数理論」に基づく手法は、その計算量に比して非常に定量性のあるシミュレーションを可能にし、これをより大規模化、高速化する事が「京」およびポスト「京」での課題となっている。
現在、ナノスケールでの物性制御は、特に半導体デバイスの応用において重要な課題となっており、そこでは電子の量子力学的振る舞いが無視できず、まさに大規模な第一原理計算が必要とされている。
本講演では、我々のグループで開発を行っている第一原理計算プログラム「RSDFT」とその応用を紹介し、関連する第一原理計算の現状や展望について議論する。

16:00~16:15 休憩
16:15~17:30 討論
  • 計算科学フォーラム運営について
  • 計算科学ロードマップの今後について
  • その他
  • 後半もオープンな討論となっています。ご自由に参加ください。
  • 前半の講演のみの参加も歓迎いたします。

「計算科学フォーラム」について

平成25年度までの『将来のHPCIシステムのあり方の調査研究「アプリケーション分野」』では、その成果として「計算科学ロードマップ2014」を編纂・公開しました。その後もロードマップ編集者有志を中心に「計算科学検討会」として、計算科学分野における横断的なコミュニティの育成・維持・発展、若手の発掘、情報交換・成果発表の場の創出、計算科学のための計算資源の確保を将来の目標として掲げ活動を継続してきました。

定期的にオープンな講演会「計算科学フォーラム」を定期的に開催し、計算科学科学分野間の情報交換の場を設けると同時に、新規分野を含む「計算科学ロードマップ」の改定作業を進め、2017年7月には「計算科学ロードマップ2017」を公開しました。

平成29年度からは、より安定な運営を継続するために、HPCIコンソーシアムの下部組織「計算科学フォーラム」として活動を再始動しました。今後も年3回程度の開催を予定しています。

参加申込み

申し込みフォーム

参加申込は締め切りました。

問合せ先

HPCIC計算科学フォーラム事務局(ゼンコム内)

TEL:03-6657-3250 FAX:03-3532-0808

MAIL:hpcic-kkf★zencom-inc.co.jp ←「★」を「@」に書き換えてください。